肉体改造計画

ランニング20150301(寛平マラソン)

まったくやる気のない中スタート。
集合地点までの道が参加者で溢れかえっている。交通規制で全然進めない。アップとか着替えとか計算していた人は大変だ。
朝から雨。寒い。
帰りの着替えとして持っていった、予備の長袖ウェアの上にTシャツを着て、さらにカッパを着てスタート。
スタートの整列は雨のせいもあるだろうがグダグダ。
5km地点、モチベーション低い中のんびり走る。6分/kmペース。
10km地点、体が動いてきた。
15km地点、人がバラけてきて調子が出てきた。5分45秒/ペース。
18km地点、なんか足が疲れてきた。ストレッチ&トイレタイム。
20km地点、足は痛いけど、ここまで2時間強。無理すればベストに近い記録がでるかも。
23km地点、気のせいだった…。足が痛いのは気のせいではなく、30kmの壁だった。あと半分も残っているのに。雨が強くなってきた。
30km地点、ほとんど歩き。舗装の道は水溜りだらけ、土の道は田んぼ状態。中途半端な気持ちでフルマラソンに参加した自分を恨む。完全に心が折れた。
38km地点、最後の最後まで田んぼ。ファンランとか言うけど自分は無理だ。やはり自己ベストを狙う覚悟で挑まないとフルは走りきれない。今回もまだまだ走れるけど、走る気力を絞り出せない。とか反省しながらひたすら歩く。
ゴール地点、最後の最後で最強の田んぼ登場。時計をみたらまさかの5時間を過ぎていた。
悲惨なコースを雨の中、カッパを着たまま42km走り続けたのは良い経験になったかな。得たのはそれだけ。
雨が降ったら台無しになる川沿いのレースには今後、エントリーするのはやめよう。
今回は記録を狙ってなかったのでよかった。

-肉体改造計画

Copyright© ナカログ , 2020 All Rights Reserved.