平社員日記

和歌山での釣り

和歌山でハーフを走り終わり、終わった直後に荷物を受け取り、そのまま着替えもせずシャトルバスに乗り込む。
多分始発のバスだっただろう。すっかり体が冷え切った状態でスタート地点の和歌山港に到着。
事前にネットで調べていたが、和歌山でもタチウオ釣りは人気で、有名スポットが沢山あるようだ。
マラソンのついでとは言え、せっかく和歌山まで来たのだからタチウオも釣っておこうという気持ちが半分、
この疲れた状態でボウズやったら最悪。明日も仕事やし、という気持ちも半分。
やや前者が勝ち、とりあえず釣具屋へ。
知らない土地では店のおっちゃんに話を聞くのが一番だろうということで、タチウオが釣れているポイントを紹介してもらう。
どうやら青岸というところが、タチウオの釣果が上がっているそうだ。無料やし。
おっちゃんに背中を押され、アミエビとケミホタルとタチウオ〆ばさみ(釣る気満々)を買って、青岸へ。
青岸は陸続きの堤防が一キロ近く続き、堤防の両サイド(片側はテトラ)で釣りができる場所だった。
皆さん足場が安定している内側で、サビキや投げ釣りをしている。
まだ夕マズメまで時間があるので、サビキを開始。全然釣れない。周りも釣れてない。
サビキは大阪湾の方が安定感がある。なんか小さいアタリがあるなーと釣りあげたら、ハオコゼ(毒あり)だった。
魚みっけというアプリで、釣った魚の写真を取れば、魚の種類を判定してくれるのでとても便利だ。
他に、イサキ、鯛っぽいやつが釣れた。
場所が変わると釣れる魚も異なり、これは面白い。
近くの人が投げ釣り(多分ジグ)でタチウオの一本目を上げた。
それを見て、俺もサビキをやめてタチウオ狙いを開始。
浮きを仕掛けて、その横でテンヤも投げる。全くアタリ無し。
テトラ側でテンヤを投げたり、サビキに戻ってみたりとしたが、ジグのおっちゃんは3匹ほど釣っていたが、俺の竿には反応なし。
テンヤにはサビキで釣れたアジをセット。小さめのアジが釣れなかったのでテンヤに対して餌が大きすぎるかに見えるが、
実験のため釣り続行。
日が完全に沈んだころ、テンヤにアタリ有り。引き釣りの釣り方が分かってないけど、とりあえずしゃくっていれば、釣れようだ。なんとか1匹目ゲット。
10分以内に再度2匹目ゲット。初めての複数ゲット。
和歌山まで来た甲斐があった。マラソンしに来たんやけど。

-平社員日記

Copyright© ナカログ , 2020 All Rights Reserved.