肉体改造計画

大阪マラソン2017(スプラトゥーンのイカが走るでし)

一人でイカに変身中の姿はあまり見られたくないので、今回は初めて、かけら達に付き添い&応援に来てもらう。
予想通り、着替えてしまえば、その後は注目されるがそんなに恥ずかしくない。
でも、さすがに凄い目立つのでむっちゃ見られる。
小学生くらいの子は間違いなく、あっ、スプラトゥーンのイカや!って指さしてきよる。
かけら達と別れ、一人スタート地点までトボトボ歩いていく。寂しい。
スタート地点に到着。市民アスリート枠なので最前のAエリアに並ぶ。
Aエリアに入った瞬間、「はい、君はこっちでし」と係のおっちゃんに、Aエリアの中でも右端の最後部に連れてイカれる。
そこはコスプレイヤーの溜まり場。ルフィーやら、くいだおれ人形やら、フリーザやら、、買い物かご持った大阪のおばちゃん(おっさん)とか、魑魅魍魎。
うわ~、俺はこいつらと一緒の扱いか!とショックを受けるが、周りからみたらそらそうだ。
せっかくAエリアなのに全く記録が狙えない扱いをされているでし。
後で分かったが、この右側はテレビに最も映りやすい。自分も沢山のニュース番組のスタートにしっかり映っていた。そういう思惑もあったのか。
スタート。早速、かけら達が沿道で応援しているので、注意しながら沿道を走る。
あ、いた。向こうは見つけやすいが、こっちからみると人だらけで探すの大変。
やっぱり沿道から声をかけられる。小学生と、高校生の男子に一番ウケている。
おっちゃんやおばちゃんはやっぱり知らず、イカということすら認識してくれてない。
今回ほど頑張っていないマラソンレースは無いし、ランナーの中で俺が一番頑張っていないという実感もあるが、今回が最も沿道が応援してくれるという矛盾。
練習不足のせいか、20㎞過ぎたあたりでもう結構しんどい。
あと、沿道の応援に応えるのもしんどい。
抜かしていくランナーからも、今日のブキは何ですか?とか、ギアパワー付いてるやん!とか声をかけられるので走りながら話すという普段あまりやらないことをしているのもあるだろう。
いつもはほとんど食べられないまいどエイドを楽しみにペースをキープする。
今回は結構エイドで足を止め、いろいろ食べまくっている。
まいどエイドでは勝負レースでは絶対に口にしない、最中も食べた。
エイドのボランティアの若者もイカに反応してくれるので面白い。
私スプラトゥーン大好きなんです!っていう女子高生もいたので、こっちもテンション上がる。
南港大橋に到着。体力的、精神的には結構来てるが、ダサいイカの姿は見せられないので、歩かずに登り切る。
本気ではないので今回は最も南港大橋の登りが短く感じた。
最後は本当にしんどくなってきて、別にサブ4なんか良いし、ゆっくり遊んでゴールしようとか、勝負レースでもないのに悪魔の囁きが…
なんとか悪魔に勝ち、サブ4の安全圏まで持って行った。
途中2回、かけら達を見つけることも出来、無事ゴールに到着。
ゴール直後、おばちゃんに最後にイカダッシュに追い抜かされた~!と言われた。
この年齢層にもイカは知られているか。
エンジョイランもなかなか楽しいものだ。来年もアスリート枠で出れるのでもう一度イカの出番があるでし。

-肉体改造計画

Copyright© ナカログ , 2021 All Rights Reserved.