肉体改造計画

軽い目のタバタプロトコル

体重の増加もあってか、連日のバーピーは無理がある。
膝を痛めそうなので、膝を使わないバージョンも考えてみた。
スクワット、腹筋、腕立て。
スクワットは軽く早くするタイプなので恐らく膝に負担はかからない。
負荷が掛かりにくいので、どれだけ素早くやるかが重要。
腹筋はちょうど良い負荷だが、腕立て伏せが筋力的に厳しい。
心拍数を上げるために早くするが、腕の小さい筋肉を使うので、息が上がるより先に腕の限界が来る。
そう考えるとバーピーは良くできた運動パターン。しんどいけど。

-肉体改造計画

Copyright© ナカログ , 2020 All Rights Reserved.