総合格闘技

K-1 WORLD MAX2005~世界王者対抗戦~観戦記

やっぱ、K-1は大味な試合が多いのでいまいち好きになれん。
<第10試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
○アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシング)70.0キロ
●武田幸三(日本/治政館)70.0キロ
いや~武田惜しかった。黙々とローを蹴り続ける武田は渋すぎて面白い。
かなりサワーの足に効いていたので、もう少しだった。残念!
残念だが、武田はそういう境遇が似合いすぎるキャラなのでしょうがないな。
<第9試合 K-1ルール/3分3R延長1R>
●ガオグライ・ゲーンノラシン(タイ/伊原道場)69.0キロ
○佐藤嘉洋(日本/フルキャスト)69.7キロ
この佐藤という選手は初めて見るが、強い。
すぐに距離を詰めていき、やっぱりローを黙々と蹴り続ける…。
まだ若いのでこれからが楽しみだ。もうすぐ佐藤の時代が来るでー
<第2試合 総合格闘技ルール 5分3R 86キロ契約>
○秋山成勲(日本/フリー)85.6キロ
●マイケル・ラーマ(米国/アイロンホースボクシングクラブ)82.4キロ
なんだこりゃ?素人の喧嘩か?
秋山の相手はジョー・サンドーかと思ったわ。
ジョー・サンドーの弱さ以上に秋山のヘタレさが目立った。
パウンドはド素人やし、極めに行かないし、ただの残酷ショーになっとったがな。
秋山は同じ柔道出身の、大山峻護君のライバルになれそうだ(笑
あと、日本人のボクサーが2人出ていたが、K-1出るの早すぎる。
現役から間もなく転向するのは良いことだが、足細すぎ!
もうちょっとなんとかならんのか?>谷川君

-総合格闘技

Copyright© ナカログ , 2020 All Rights Reserved.