メール転送ソフト

MailForwardController Ver2.11 Standard Edition
というメール転送専用ソフトを会社の方に教えてもらった。
このソフトで会社のクライアントが受信したメールを自宅に自動的に転送することができる。添付ファイルの転送もできる。
これで、GW中の仕事もバッチリ!やりたくねー

仕事がやばい

現在の作業が完了せぬままGWに投入してしまいそうだ。
バイクで一人旅に出たいのだが…
昨日バイクを引き取ってもらったが、バイク屋から連絡がない。「バッテリー交換だけでエンジンがかかれば、そのまま車検に出します。」とのことだったので、無事エンジンがかかったのだろうか?
バッテリー交換してもエンジンがかからなければ…グッフッフ…というような店員の話しぶりだったので、最悪の事態は避けられたのかも。
今回の車検は奮発して、バッテリー&エンジンオイル交換。
後は仕事を片づけるのみ!

バイク車検

昨日、バッテリー&車検切れのバイクを引き取りにきてもらう手続きをした。GWまでに帰って来なければ毎年恒例の元同期ツーリングに行けなくなりとても困る。しかし車検が切れて約半年間…放置していたので修理にいくらかかるかドキドキである。バイク屋はGW前のせいだろう、とても繁盛していた。

PRIDEミドル級グランプリ観戦記

1.中村 和裕 vs ケビン・ランデルマン
判定:中村
いきなり予想が外れた、カズよく頑張った!
ランデルマンにアームロックを仕掛けるアホっぷりは笑えた。十字でええやん!
でもランデルマンの全盛期の動きが見られなかったのが残念。小原戦並。
もう終わった選手なのか?プロレスやり過ぎか?
2.ヒカルド・アローナ vs ディーン・リスター
判定:アローナ
予想大当たり。
リスターは足関にこだわっていたので、かなり自信があるのだろう。アブダビ頑張れ。
3.近藤 有己 vs イゴール・ボブチャンチン
判定:ボブ
近藤もよく頑張ったが、ほとんどの時間をボブに支配されていた。
近藤は2,3年前よりかはだいぶ良くなったが、やはりレスリング力が足りない。
今まで日本人相手には通用していたが、大事な際で必ずボブに押し切られて上を取られていた。
ヘンダーソン戦、ボブ戦とスタミナは残っているのに、押し切られるところが非常に歯痒い。
その際で外人相手にも勝てるようになれば、道は開けると思うのだが。
ちょっと減量して、83kg以下の武士道グランプリにでて欲しいと思うのは俺だけではないはず!
それと田代コーチが一番デカイ声で寝技に口出しするのは謎だ!
4.ビクトー・ベウフォート vs アリスター・オーフレイム
フロントチョーク:アリスター
予想大外れ
極めが無いと思っていたアリスターだが、アブダビ予選仕込みのフロントチョークは本物だったようだ。
それにしてもビクトーの動きが悪い。凄く平凡な選手に見えた。
5.アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs ダン・ヘンダーソン
腕十字:ホジョリオ
予想大外れ
ヘンダーソン、動き悪すぎ。1Rでバテてた。近藤戦の頃から体調が悪いのか?
スタミナ切れで決められたって感じ。
6.桜庭 和志 vs ユン・ドンシク
KO:桜庭
予想通り金魚マッチでした。
7.クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン vs マウリシオ・ショーグン
KO:ショーグン
予想大外れ
ランペイジが肋を折られてKO負け。
セコンドはわかってるんだったら、KOされる前にタオルを投げてあげなさい。
日本人相手に勝ち癖をつけたショーグンは、今一番勢いがある。
優勝してもおかしくない。
8.ヴァンダレイ・シウバ VS 吉田秀彦
判定:シウバ
吉田は今回は道着を脱いでくるのでは?と思ったが、しっかり着てきた。
シウバと互角に戦える吉田は凄いが、後半はしっかりシウバにペースを握られた。
でも、シウバの動きもあまり良くなかった。
ひとり、判定を吉田に付けたアホがいたのでビックリした。
全体的に強豪同士の戦いなので、各選手の良いところが見られなかった気がする。
格闘家は一度調子を崩すと、そのまま復活できない選手が多いが以下の選手はその気配が感じられる。
ランデルマン・ボブ・ビクトー・ヘンダーソン・ランペイジ・シウバ。多っ!
ボブとシウバはなんとか勝ったが、次回桜庭と当たらない限り負ける危険性は大!
特にシウバはそろそろ負け時という臭いがプンプンする。

PRIDEミドル級グランプリ開幕戦

直前予想
事前に試合の予想を残しておき、試合終了後に自分の予想のはずれっぷりを独り楽しむという、非常に危険な遊びです。
1.中村 和裕 vs ケビン・ランデルマン
予想:ランデルマンのTKO勝ち
ミドルに落としてきたランデルマンは相当強いと思う。体がヤバイ!
勢いで押し込まれてグランドのヒザでレフリーストップ!
2.ヒカルド・アローナ vs ディーン・リスター
予想:アローナの判定勝ち
リスターの実力が未知数だが、打撃もできて穴のないアローナが勝つだろう。
3.近藤 有己 vs イゴール・ボブチャンチン
予想:ボブチャンチンのKO勝ち(涙
近藤が勝つにはスタンドで打ち合わない事よりも、とにかくグランドで下になってはいけない。
グランドで近藤が上を取れれば近藤の判定勝ちも見えてくるが、とにかく厳しい!
スリムになったボブの動きは止められない。
ボブもヘビーから落としてきているが、減量組は強い!
4.ビクトー・ベウフォート vs アリスター・オーフレイム
予想:ビクトーの判定勝ち
どちらもスタンドが上手く腰も強いので、スタンド勝負になりそう。
どちらが勝ってもおかしくないが、アリスターには決定力が無い。経験とボクシングでビクトーの勝ち
5.アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs ダン・ヘンダーソン
予想:ヘンダーソンの判定勝ち
これも実力拮抗。経験とレスリング力で勝るヘンダーソンの判定勝ち。
しかしアリスター戦で見せたホジョリオのスタミナも驚異的なので、後半の巻き返しに期待。
ヘンダーソンは以前ホドリコに一本とられてるので、寝技は相当警戒してるはず。
とにかくこの試合は判定決着間違いなし!
6.桜庭 和志 vs ユン・ドンシク
予想:桜庭の一本勝ち
全試合中、もっともレベルの低い試合。
桜庭が勝ち進むと準々決勝でまたシウバvs桜庭が組まれてしまう可能性があるので
桜庭には負けて欲しいのだが経験の差で桜庭が勝つだろう。
ま、そのためにわざわざ総合初心者を連れてきたわけだが。
7.クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン vs マウリシオ・ショーグン
予想:ジャクソンのTKO勝ち
ミドル級No2という意味ではランペイジとボブが飛び抜けていると思う。
勢いに乗るショーグンだが、ランペイジのパワーに伸されてしまいそう。
8.ヴァンダレイ・シウバ VS 吉田秀彦
予想:シウバのTKO勝ち
前回の吉田は見事な試合運びと根性でシウバを苦しめたが、
今回はシウバも道着対策をしてくるので、今回の方が厳しい戦いになるだろう。
パウンドにより、吉田の顔がボコボコになるのは間違いなし。
豪華なカードだ。特に4.5.7。どれも実力者同士なので、判定決着になりそう。
豪華な顔ぶれとは裏腹に全体的に地味な大会になりそうな予感がする。

パソコン復活


DELLに修理に出していたノートパソコンが帰ってきた。
5泊6日でマザボを交換してくれたようだ。思っていたより早い対応でびっくりした。
マザボの交換により、電源が入らないというのはもちろん、たいしてCPUを使用していないのに、なぜかファンが「ウゥーン」と本気モードで回転するという現象もなくなった。今考えるとマザボ異常の前兆だったのかも。
修理費も無料だったし、修理に出してホンマ良かった。
今回はDELLのサポートが好印象。サポセンへの電話は繋がりにくいけど!