辛口観戦記 PRIDE武士道 その七

レベルの高い見応えのある大会だった。なぜか辛口になった観戦記をUP
辛口観戦記 PRIDE武士道 その七
2005年5月22日(日) 東京・有明コロシアム
五味隆典vsルイス・アゼレード
→アゼレード強かったなー。前回のルイス対決ではまったく注目してなかったが良い選手だ。アグレッシブで全ての打撃が危険!前半は完全にアゼレードペースで五味は押されまくってた。それに打ち勝ってしまうのだから今の五味には何かが憑いてる。
でも、レフリーストップの後に攻撃を続けるのはほんと情けない。臆病な殺人者が既に絶命した相手をナイフで刺しまくる心境と同じじゃないの?相手が生き返ってくるのを恐れて。こんな人間がエースで良いのか?
美濃輪育久vsフィル・バローニ
→美濃輪アホ過ぎ!勝てる試合を落としてしまった。
試合前半の筋肉バカのラッシュをしのいで、疲れてきたバローニの上を取っていたのにいつもの足関狙い…今回はいつも以上に強引。なにを焦っていたのか知らないが、上からコツコツ打撃をあてて筋肉バカを弱らせれば、あとは何でもできたと思うのだが。足関に二度失敗してパウンド喰らってスタミナを奪われ、2Rには自分の方がスタミナ無くなってるくせに、息を吹き返した筋肉バカとのパンチ合戦。結局限界までパンチを喰らって失神KO。戦略的に最悪!好きな選手なのだが、毎回選手生命を縮めるような試合をしてるので心配だ。
ただ、美濃輪の打撃とレスリング技術がとても向上していたのに驚いた。海外修行でちゃんと成長してるらしい。バローニは肉体以外は光るところは無かった。
長南亮vsニーノ・“エルビス”・シェンブリ
→この試合は寝そうになった。
川尻達也vsキム・インソク
→今まで見た韓国人選手の中では一番マシな選手だった>キム。が、川尻の実力がよく分からないまま終わってしまった。
郷野聡寛vsクラウスレイ・グレイシー
→前半は打撃で打ち合ったものの、郷野に押され始めるとクラウスレイはテイクダウン狙いに。これが面白いように決まり郷野にとって嫌な展開に。極められるとかパウンドを喰らうという場面は無かったが良いポジションを取られていたのでこのまま判定負けかと思った。2Rではグランドで上を取った郷野が踏みつけなどでダメージを与えて文句なしの判定勝利。郷野はグランドのディフェンスは完璧だが腰の軽さに課題が残る。試合後マイクで喋っていたが、PPVでは聞こえにくかった。郷野はショックだろう。
桜井“マッハ”速人vsミルトン・ヴィエイラ
→マッハ動きが良かった。適正体重なのだろう。肩と胸筋がムキムキ過ぎるけど。次からに期待。
小見川道大vsアーロン・ライリー
→小見川の打撃がヘタ過ぎてビックリした。素人のパンチとフットワーク。テイクダウンも柔道流で総合に全く対応できていない。良い選手なのだから準備をしっかりしてから試合に出ないと、選手寿命を消耗するだけでもったいない。
三島☆ド根性ノ助vsイーブス・エドワーズ
→三島はテイクダウンを見事に決めて主導権を握っていたのだが、エドワーズの下からのアームロック→腕十字が鮮やかに決まった。エドワーズはバランスが取れていて良い選手のように見えた。次の試合が楽しみだ。
TAISHOvsジェンス・パルヴァー
→これが一番実力差のあるカードだった。バルバーの適正体重で強豪との試合が見たい。
前田吉朗vsチャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット
→前田完敗。硬直してた。前田は打撃が上手いという印象があったが、今回の試合は大振りで凄く危なっかしく、常にベネットにプレッシャーをかけられていた。
コーナーポストに登ったベネットにドロップキックを仕掛けた際、逆にキックで迎撃された時点で勝負はついていたのかも…
今回の武士道は全体的な技術レベルが今までのPRIDEで一番高かったと思う。
やはり軽量級は層が厚い。修斗出身の選手が好成績。軽量級は修斗やね。
その中で二流はもちろん、一流より一歩遅れをとる選手は皆消えていった>前田・三島・美濃輪
予選でこれだけふるいにかけられたら、GPは凄いメンツになるだろう。知らない選手ばかりになりそうだが。

郷野がPRIDE初勝利!

郷野が勝った。お見事!
打撃で押していたものの寝技でねちっこくコントロールされてこのまま判定負けか?と思ったが、なんとか粘り勝ち!
PRIDEの判定なので嫌な雰囲気はしてたが、最後の踏みつけによる流血が効いて判定3:0で勝利。
-83kgでどこまで行けるか今後が楽しみ。
郷野ブログ ホッ・・・
>何とか勝った。。。 応援してくれた皆々様、ありがとーござんした。 しかしまぁ、とにかくしんどかった。今までで一番精神力を使った試合だった。。 詳細はまた、後日。 ごうの

郷野の試合が決定

郷野が武士道で試合をするらしい。ほんとにキックのKO負け試合以降練習を休んでたようで体調悪そうだ。
相手のクラウスレイだが、落ち目のマッハに勝っていて、國奥にも判定勝ち。パッとしないが地味に強い。
でも、郷野なら打撃で翻弄できそうなので、なんとかなるかな?
「-83kgなら日本人では俺がトップ」らしい。まずは初のグレイシー戦でお手並み拝見。寝技に引きずり込まれて打撃を封じられるようでは、もうこんなチャンスはやってこないかも。
http://blog.livedoor.jp/gono/archives/21624512.html
> 試合決まりました
> 突然ではありますが、22日の武士道でクラウスレイ・グレイシーとやります。

“郷野の試合が決定” の続きを読む

PRIDE グランプリ2回戦 カード決定

2回戦の組み合わせが発表されたので、恒例の予想。
桜庭和志(日本/高田道場)
ヒカルド・アローナ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
→ビクトーやゴエスと戦っていた頃の桜庭ならまだしも、今はこのクラスの相手には絶対勝てない。シウバ戦以上に惨めに負けそうな気がする。打撃と寝技でヘロヘロになった桜庭を極めて、アローナの一本勝ち。
中村和裕(日本/吉田道場)
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
→近藤が踏まれて負けたシウバに中村が勝てるわけない。でも判定までは粘りそう。シウバの判定勝ち。
マウリシオ・ショーグン(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
→俺の中で株急上昇中のホジョリオがショーグンの勢いをネチこく殺して判定勝ち
イゴール・ボブチャンチン(ウクライナ/フリー)
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
→微妙。この試合が一番予想が難しい。ボブに勝って欲しいが最近の勢いがあるのはアリスターなので、アリスターの判定勝ち。

PRIDEミドル級グランプリ観戦記

1.中村 和裕 vs ケビン・ランデルマン
判定:中村
いきなり予想が外れた、カズよく頑張った!
ランデルマンにアームロックを仕掛けるアホっぷりは笑えた。十字でええやん!
でもランデルマンの全盛期の動きが見られなかったのが残念。小原戦並。
もう終わった選手なのか?プロレスやり過ぎか?
2.ヒカルド・アローナ vs ディーン・リスター
判定:アローナ
予想大当たり。
リスターは足関にこだわっていたので、かなり自信があるのだろう。アブダビ頑張れ。
3.近藤 有己 vs イゴール・ボブチャンチン
判定:ボブ
近藤もよく頑張ったが、ほとんどの時間をボブに支配されていた。
近藤は2,3年前よりかはだいぶ良くなったが、やはりレスリング力が足りない。
今まで日本人相手には通用していたが、大事な際で必ずボブに押し切られて上を取られていた。
ヘンダーソン戦、ボブ戦とスタミナは残っているのに、押し切られるところが非常に歯痒い。
その際で外人相手にも勝てるようになれば、道は開けると思うのだが。
ちょっと減量して、83kg以下の武士道グランプリにでて欲しいと思うのは俺だけではないはず!
それと田代コーチが一番デカイ声で寝技に口出しするのは謎だ!
4.ビクトー・ベウフォート vs アリスター・オーフレイム
フロントチョーク:アリスター
予想大外れ
極めが無いと思っていたアリスターだが、アブダビ予選仕込みのフロントチョークは本物だったようだ。
それにしてもビクトーの動きが悪い。凄く平凡な選手に見えた。
5.アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs ダン・ヘンダーソン
腕十字:ホジョリオ
予想大外れ
ヘンダーソン、動き悪すぎ。1Rでバテてた。近藤戦の頃から体調が悪いのか?
スタミナ切れで決められたって感じ。
6.桜庭 和志 vs ユン・ドンシク
KO:桜庭
予想通り金魚マッチでした。
7.クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン vs マウリシオ・ショーグン
KO:ショーグン
予想大外れ
ランペイジが肋を折られてKO負け。
セコンドはわかってるんだったら、KOされる前にタオルを投げてあげなさい。
日本人相手に勝ち癖をつけたショーグンは、今一番勢いがある。
優勝してもおかしくない。
8.ヴァンダレイ・シウバ VS 吉田秀彦
判定:シウバ
吉田は今回は道着を脱いでくるのでは?と思ったが、しっかり着てきた。
シウバと互角に戦える吉田は凄いが、後半はしっかりシウバにペースを握られた。
でも、シウバの動きもあまり良くなかった。
ひとり、判定を吉田に付けたアホがいたのでビックリした。
全体的に強豪同士の戦いなので、各選手の良いところが見られなかった気がする。
格闘家は一度調子を崩すと、そのまま復活できない選手が多いが以下の選手はその気配が感じられる。
ランデルマン・ボブ・ビクトー・ヘンダーソン・ランペイジ・シウバ。多っ!
ボブとシウバはなんとか勝ったが、次回桜庭と当たらない限り負ける危険性は大!
特にシウバはそろそろ負け時という臭いがプンプンする。

PRIDEミドル級グランプリ開幕戦

直前予想
事前に試合の予想を残しておき、試合終了後に自分の予想のはずれっぷりを独り楽しむという、非常に危険な遊びです。
1.中村 和裕 vs ケビン・ランデルマン
予想:ランデルマンのTKO勝ち
ミドルに落としてきたランデルマンは相当強いと思う。体がヤバイ!
勢いで押し込まれてグランドのヒザでレフリーストップ!
2.ヒカルド・アローナ vs ディーン・リスター
予想:アローナの判定勝ち
リスターの実力が未知数だが、打撃もできて穴のないアローナが勝つだろう。
3.近藤 有己 vs イゴール・ボブチャンチン
予想:ボブチャンチンのKO勝ち(涙
近藤が勝つにはスタンドで打ち合わない事よりも、とにかくグランドで下になってはいけない。
グランドで近藤が上を取れれば近藤の判定勝ちも見えてくるが、とにかく厳しい!
スリムになったボブの動きは止められない。
ボブもヘビーから落としてきているが、減量組は強い!
4.ビクトー・ベウフォート vs アリスター・オーフレイム
予想:ビクトーの判定勝ち
どちらもスタンドが上手く腰も強いので、スタンド勝負になりそう。
どちらが勝ってもおかしくないが、アリスターには決定力が無い。経験とボクシングでビクトーの勝ち
5.アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs ダン・ヘンダーソン
予想:ヘンダーソンの判定勝ち
これも実力拮抗。経験とレスリング力で勝るヘンダーソンの判定勝ち。
しかしアリスター戦で見せたホジョリオのスタミナも驚異的なので、後半の巻き返しに期待。
ヘンダーソンは以前ホドリコに一本とられてるので、寝技は相当警戒してるはず。
とにかくこの試合は判定決着間違いなし!
6.桜庭 和志 vs ユン・ドンシク
予想:桜庭の一本勝ち
全試合中、もっともレベルの低い試合。
桜庭が勝ち進むと準々決勝でまたシウバvs桜庭が組まれてしまう可能性があるので
桜庭には負けて欲しいのだが経験の差で桜庭が勝つだろう。
ま、そのためにわざわざ総合初心者を連れてきたわけだが。
7.クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン vs マウリシオ・ショーグン
予想:ジャクソンのTKO勝ち
ミドル級No2という意味ではランペイジとボブが飛び抜けていると思う。
勢いに乗るショーグンだが、ランペイジのパワーに伸されてしまいそう。
8.ヴァンダレイ・シウバ VS 吉田秀彦
予想:シウバのTKO勝ち
前回の吉田は見事な試合運びと根性でシウバを苦しめたが、
今回はシウバも道着対策をしてくるので、今回の方が厳しい戦いになるだろう。
パウンドにより、吉田の顔がボコボコになるのは間違いなし。
豪華なカードだ。特に4.5.7。どれも実力者同士なので、判定決着になりそう。
豪華な顔ぶれとは裏腹に全体的に地味な大会になりそうな予感がする。

明日はHERO'S

注目の試合は以下の通り
<メーン 総合格闘技ルール/5分3R>
秋山成勲(フリー)
ジェロム・レ・バンナ(フランス/ボーアボエル&トサジム)
→バンナは好きな選手だが、総合をやる器用さは持ち合わせてないので、また負けそう。
安田に負けても総合を続ける根性は凄いと思うが…
<第7試合 総合格闘技ルール/5分3R>
ヒース・ヒーリング(米国/リングスUSA)
サム・グレコ(オーストラリア/チーム・グレコ)
→PRIDEに切られたヒーリングがK-1で生き残れるか?
グレコはRYOTOとの試合でかなりの総合への対応を見せていたので、期待できます。ヒーリングのタックルを2回ほど切れれば勝てる可能性はかなり高い。
HERO’Sってラウンド5分やしね。
<第4試合 総合格闘技ルール/5分3R>
須藤元気(ビバリーヒルズ柔術クラブ)
ラモン・デッカー(オランダ/リングスオランダ)
→なんか昔は打撃系で有名な選手らしいが、全く知らん。
元気はK-1ルールとか金魚相手に総合なんかやってないで、BJペンに挑戦しなさい。
<第1試合 総合格闘技ルール/5分3R>
大山峻護(フリー)
ヴァレンタイン・オーフレイム(オランダ/リングスオランダ)
→確かアリスターの兄やったっけ>ヴァレンタイン。
それより、PRIDEでもさっぱり結果が出なかった大山がここにきて復活。弱いのにPRIDEでの扱いの良さもなんでやねん?と思っていたが、また出てきた。パンクラスゲートのほうがよっぽど強いと思うんですが。

PRIDE GP 2005 開幕戦【追加出場決定選手】

ケビン・ランデルマン
アリスター・オーフレイム
ビクトー・ベウフォート
いい選手が集まって来るなー。
ほんまに日本人以外は誰とやっても辛いで。
なにやら近藤の相手はボブチャンチンという噂も。
近藤より打撃は上手いし、タックルもとるのも難しいし。ヤバイです。ま、誰とやっても一緒か。

グラバカパーカー

う~んイマイチ。個人的にごちゃごちゃマークが入ってるものは格闘技オタクっぽくていややなー。
格闘技系グッズは普通のノーブランド商品に比べて当然高いが、単に格闘家ブランドで高いのではなく、それなりに良い素材を使っていると思う。ヒョードルパーカーは暖かいのでスキー場で大活躍。これは胸部にエンペラーのマークが入っているがとてもシンプルで気に入っている。
次に期待!グラバカパーカー。